耐震工事のタイミング3~京都 工務店 古民家 町家再生

地震でこわいのは足元がバラけてしまう事
「足固め」を健全に保つことは未来につながっていると

前回は古民家を支える石(礎石)が割れてる写真をご覧いただきましたね。
そして本日はこの一枚から。

日々気に掛けることもなく、見ることもあまり無いだろう床下で
こんな風になっていたら?困りますよねΣ(゚Д゚)

写真はシロアリによる被害。
湿気で木が腐りはじめる(腐朽)⇒木がフワフワで食べ易い(蟻害)。
いつのまにか喰いつくされていた。と一般的にはこんな流れでしょうか。

こちらは欅(けやき)の柱。古民家の大黒柱なんかではお馴染みです!
檜(ヒノキ)よりも栗(クリ)よりもうんと固いから。歴史が示す理由からです。

白太(しらた)といわれる木の柔らかい部分は喰われても
赤太(あかた)といわれる堅い部分、芯までは喰われない
シロアリも堅すぎて喰えないんですよね( ..)φメモメモ

集成材?芯去り材?米トガ?米マツ? 残念ながら・・・短命です。
お孫さんまで100年繋ぐとなると、木の種類(樹種)も必須条件

とても快適な暮らし・とても楽しい人生を地域密着で…

 

 

□■□■□■□■□■□■□■まごころ建築家さん□■□■□■□■□■□■□■
国土交通省《地域型住宅グリーン化事業》に採択されています。
新築に使っていただける補助金は最大150万円!!

藤川さん、新民家 建てて!
とお電話( 075-254-8228 )で伝えてくださいね♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
~子や孫にまで活かす木造を直せる技術安心素材で造る~
有限会社comfortlife
京都市中京区錦堀河町648カステッロロッソ203
TEL075-254-8228 FAX075-254-8229

□物語をつくるお約束
HP:http://www.comfort-life.org/Promise.html

■物語をつくるためのこだわり
HP: http://www.comfort-life.org/Stick.html

□お問合せ・ご相談
HP: http://www.comfort-life.org/pg1020254.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中